人形と玩具の病院

テニス肘は治療することが可能|悪化する前に正しいケアを

肘の痛みには

聴診器とハート

原因を知ろう

テニス肘は、テニスだけで発生するものではありません。肘を酷使することで起こりやすいため、同じ動作や姿勢を取ることがテニス肘の原因になります。スマートフォンやパソコンなとども原因となりやすく、肘を動かした時などに痛みを感じることがあればテニス肘を疑いましょう。テニス肘は、形成外科などでも治療することができます。治療は主に肘の負担を減らすことが基本となりますので、湿布やサポーターに頼るだけでなく根本の原因を取り除いておくことが大切です。仕事などで肘を使う機会が多い人は、負担を軽減させるように工夫することも必要です。テニス肘になった場合には、原因となる動作を控えて痛みや腫れを感じた時に冷やすなどの治療を行うことも大切です。急性の場合には冷やすことが望まれますが、痛みが出て時間が経っているケースでは温めることが正しいこともあります。自分の肘の状態を知って適切な治療を施すためには、まず専門のクリニックで医師の診断を受けることも考えておきましょう。テニス肘の治療は、比較的簡単に始めることができます。毎日肘を使う場合には軽いストレッチを行うようにしたり、長時間連続して肘に負担をかけることを避けるのも大切です。必要に応じてテーピングなどを行うことによって、肘の負担を減らすこともできます。医師の判断に従って、自分に合った治療法を選択していきましょう。テニス肘は原因を取り除けば、完治も目指すことができます。