人形と玩具の病院

テニス肘は治療することが可能|悪化する前に正しいケアを

テニス肘の主な診断と治療

ナースとドクター

テニス肘はスポーツをやっている人がだけではなく、誰でも発症をしてしまう可能性がある病気です。基本的には肘に負担をかけ過ぎたときに症状が出ると言われています。テニス肘の診断は必ず医師の診断をしてもらうことをおススメ致します。接骨院、整骨院では診察はできても診断を下すことはできません。基本的に診断をくだせるのは医学免許をもった医師のみとなります。触診検査や中指伸展テスト(中指の付け根には大きな筋肉繊維が繋がっており、指を曲げ伸ばし行うときに医師に負荷をかけてもらいます。その時に痛みが走れば陽性になります。)を行い診断してもらいます。またテニス肘は基本的になかなか治らないと言われていますが、治療の方法はいくつかあります。代表的な治療としては整形外科や整骨院、接骨院などで受けることができます。代表的なものは、遠赤外線療法と低周波療法があります。2つを簡単に説明すると、遠赤外線とは肘の痛みがある患部を温め、機器で内部まで温もりが伝わり治療ができるという優れものです。低周波は肘の痛む周辺に4ヶ所に吸盤を取り付け、電気を流して痛みを治療していく機器です。両者ともテニス肘の治療には有効だと言われています。病院に通う時間がないという人には、肘のサポーターなどがオススメです。サポーターをすることにより可動範囲が制限され肘に無理な負担がかからないようになります。それでも痛みがひかない場合は医師と相談をして手術を検討するのも有効な方法になります。