人形と玩具の病院

テニス肘は治療することが可能|悪化する前に正しいケアを

腕がズキズキしてしまう時

肘を押さえる人

原因や治し方

テニスに限らず、様々なスポーツや日常の動作で肘は酷使されています。知らず知らずのうちに肘に負担を掛けてしまっていると肘を使う時にズキズキとした痛みを感じてしまう事があります。これはテニス肘という通称で呼ばれていて正式名称は上腕骨外側上顆炎という病名です。テニス肘になってしまうと完治するまでに時間がかかり、長い間悩まされる事になるので、日頃からテニス肘の原因となるような肘を使う動作をする時には気を付けるようにしましょう。テニス肘は肘の外側や前腕の辺りに痛みを生じている症状の事を言います。安静にしていれば痛みはないものの、肘を使う動作をするととても痛くなってしまうのが特徴です。テニス肘の治療方法としては、まず第一に安静にしている事が大切です。肘を痛める原因となってしまった動作はしないようにして、痛みが出ないようにしましょう。症状が軽くなってきたらストレッチをする事から始めると良いでしょう。また、痛み始めてきた時や、肘が熱っぽい時には患部を冷やし、時間が経った痛みの場合には患部を温めてあげるようにすると良いでしょう。冷やしたり温めたりするのに有効なのが湿布です。病院でテニス肘の治療で通っていれば湿布を処方される事が多いので、処方してもらった湿布を使いましょう。また、スポーツ用品店等でテニス肘用のバンドを売っている所もあるので、そういったお店でバンドを購入して使用するのも治療方法としている方も多くいます。治療には時間がかかりますが、出来るだけ無理な動作はしないようにしてテニス肘の治療が早く終わるようにしましょう。